鹿児島で相続税に強い税理士をお探しなら相続サポートセンター鹿児島

HOME > 相続税とは

相続税とは

相続税とは、相続または遺贈により財産を取得する際に、一定以上の財産がある場合に相続する遺族に課せられる税金のことを言います。
最近の相続税の課税割合は、全国的には相続発生件数の4.2%強と少なく、一部の富裕層のみが申告する、いわゆる「贅沢税」的な色合いが強かったのですが、2011年末に発表された「社会保障と税の一体改革」によって、基礎控除の引き下げや死亡保険金の非課税限度額の要件追加などにより、広く一般の家庭でも相続税が発生する可能性が高くなりました。

そこで、相続税の仕組みを理解して、1日も早く相続税対策を行って行きましょう。

2011年社会保障と税の一体改革に盛り込まれた相続税増税案の要点

 

相続税改正後の要点

(1)基礎控除の大幅な引き下げ
改正前:5,000万円+1,000万円/人×法定相続人の数
現行 :3,000万円+600万円/人×法定相続人の数

(2) 相続税の税率構造が8段階に増え、最高税率もアップ
6段階の税率構造が8段階に増え最高税率も50%から55%にアップ

では、気になる相続税の計算方法について詳しく見てみましょう。

⇒ 相続税の計算方法

 

相続税

相続税とは

相続税の計算方法

相続財産の評価

相続税の申告・納付

TOPへ戻る

  • ワンコイン相談 実施中!

Contents Menu

  • 対応エリア

事務所所在地

相続サポートセンター鹿児島
営業時間:10:00~17:00
TEL:0120-633-097
鹿児島県鹿児島市星ヶ峰4丁目34番5号